永久歯が乱れて生えてきましたがきちんと並びますか?

 小学校に入学する頃になると第一大臼歯(六歳臼歯)およびに中切歯(永久歯の一番前の歯)が生えてきます。第一大臼歯は第二乳臼歯の後ろに新しく追加される歯であることや、萌出時点では歯列の最も奥に位置することからあまり目にはつきませんし、歯並びが乱れるということもないので、保護者の方は見過ごすことはあっても歯並びについて気にされることは滅多にありません。

 一方中切歯は乳中切歯が抜けて生え替わること、乳中切歯よりもかなり大きいためねじれて生えてきたり、デコボコしたりすることがあるため、並び方を気にされる保護者は多いようです。これは土台となる歯槽骨(あごの骨)の中で歯杯(歯の芽)が育つとき必ずしも歯槽骨の中で整然と並んでないために起こるためです。

 生えてきた永久歯は、舌の筋肉と唇、頬の筋肉の力のバランスがとれたところで並びますので、むし歯にしないように気をつけていればあまり心配する必要はありません。これらの筋肉の調節機構によってある程度きれいに並びます。ただ気をつけて頂きたいのは下顎の中切歯が上顎の中切歯を覆うように生えてきそうな時です。上顎の成長と下顎の成長は出発点が違います。これをスパートといいます。下顎の成長がスパートする時期が上顎のそれと比べ遅いのでこの時期に下顎の方の成長が大きいということは、将来もっと下顎が前方に出る可能性が大きいからです。

 もう一つクロスバイトといって上下のかみ合わせが水平方向にずれている場合です。水平方向のずれは成長によって補正される可能性はあまり期待できません。こんな時は矯正の専門医に一度相談することをおすすめ致します。

 乱れた歯並びは決して病気ではありません。歯の大きさとそれを納めるあごの骨の大きさのアンバランスによって生じます。従って予防する有効な手だてもありません。矯正の最終目的は上下顎の成長が止まった時点で永久歯の歯並びがきれいに維持されていることです。永久歯がまだ揃っておらず乳歯がまだ残存していて、上下顎の成長がまだまだ予想できる時期にいたずらに装置をつけることは、むし歯に罹患する可能性を大きくするだけであまり意味のあることとは言えません。ご注意下さい。

 どうやら歯並びに関しては神様がレギュレートし損なったといえそうです。

 さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、「あなたの街の歯医者さん」の中の矯正専門医にお尋ねになるのもよいでしょう。また、一般の本屋さんでも買うことが出来る矯正歯科の書籍を以下にご紹介いたします。いずれも矯正歯科医会監修で世界文化社より発刊されています。

歯のつけ根にもむし歯はできますか?

はい,確かに歯のつけ根(歯と歯ぐきの境目)がえぐれているむし歯はあります。これは根面う蝕とよばれているものです。

歯は以下の2つの部分に大別されます。エナメル質に覆われていて歯ぐきから上に出ている部分を歯冠といい、通常歯ぐきの中にあって表面を固いエナメル質ではなく、弱いセメント質で覆われた部分を歯根といいます。

歯周病や、歳を取って歯ぐきが下がっていくと、その歯のつけ根(歯根)が歯ぐきから外に出てきます。外に出て露出した歯根は、エナメル質におおわれた歯冠と比べてむし歯菌の出す酸に弱いため、むし歯になりやすいのです。しかし、いくら歯根が弱いといってもすべてがむし歯になるわけではなく、着色しているだけであったり、窪んでいる程度であったりするので、処置が必要であるかどうかは一概には言えないところです。

エナメル質の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは表面の浅い溝が茶色になってしまった状態はいずれも初期のむし歯ですが、むし歯に対する処置を行う場合とそうでない場合があります。表面の状態によっては再石灰化が期待できるので、しっかり磨いてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、むし歯の進行を防ぐことができるかもしれません。また、フッ素塗布によっても、むし歯の進行の予防、再石灰化の期待ができます。

歯根の部分が、むし歯になった場合はその下の象牙質までむし歯になっていることが多いので、ここまでくると再石灰化は期待できません。この時点では、たまに冷たいものにしみることはあるかもしれませんが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどないと思われます。しかし、自覚症状がなくても、放置しておくとさらに、むし歯は中で大きく広がり、冷たい水や風にしみるようになり、さらにはむし歯が歯髄にまでおよぶと、歯にとって大切な歯髄の処置をしなくていけなくなってしまいます。そうなる前に、歯科医院での相談をお勧めします。できるだけ歯は大切にしたいですね!

親知らずが生えてきたようです。周りが赤くなっているのですが、そのまま放置していてよいのでしょうか?

それは面倒ですね。でも正しい知識を持って理解すれば何も怖いものではありません。

【親知らずとは ?】

永久歯は全部で32本ありますが、上下左右の一番奥の歯4本が第3大臼歯(智歯)、いわゆる親知らずです。正中から数えて8番目にあたります。本来は上下がしっかり咬んで機能していた歯なのですが、現代人では完全な形できちんと生えて上下機能している親知らずは稀です。

柔らかく加工された食べ物をとっているうちに、顎が退化し小さくなったためという従来の説に加え、母体内にいる間の高栄養のため、全体の歯のサイズが大きくなり並びきらなくなったという説もあります。いずれにせよ、一番最後に生えてくる第3大臼歯の生えるスペースが足りなくなり、横や斜めに生えてきたり、前の第2大臼歯につっかかってしまい様々なトラブルがおき始めたのです。

自分でも知らないうちに生えていて、全くお手入れできていないケースもよくみかけます。

【親知らずの害】

親知らずは以下のような害をもたらすことも知られています。

1)歯ブラシがうまくあたらず、親知らずや手前の歯が虫歯になったり、親知らずを被う歯ぐきが炎症を起こし、局所的な歯周病(智歯周囲炎)になる。またこれが口臭の原因となる。

2)上下どちらか一方だけ親知らずが生えていると、歯が伸びだして他の歯とあたりだし、かみ合わせが悪くなり、顎の関節が痛くなったり顎や首の筋肉痛がおきたりする。

3)親知らずが手前の歯を押して、歯並びを悪くすることがある。

【抜く必要はあるの?】

親知らずは、様々な障害が起きる可能性がありますが、完全に顎の骨の中に埋まっていて症状がない場合や、きちんと生えて上下の親知らずがしっかり咬みあっている場合は抜く必要はありません。また、他の歯がむし歯や歯周病になって抜かざるを得なくなった場合に役立つ親知らずもあります。一方、女性の妊娠前や長期海外出張前に、将来トラブルが予想される親知らずは、あらかじめ抜歯しておいたほうがよいケースもあります。

保存する場合と、抜歯する場合のメリット、デメリットをよく歯科医師と相談してみることをおすすめします。 

妊娠中の歯科治療について教えてください。

妊娠中の歯科治療にはいくつか気をつけなければならないポイントがあります。

1)治療時期について

比較的症状も少なく安定期とされる妊娠中期(5ヶ月から7ヶ月)であれば、通常の歯科治療は問題ありません。胎児に影響を及ぼす可能性がある初期や、母体に負担がかかる後期は、緊急を要しない限り口の中の衛生指導にとどめます。

2)レントゲン撮影について

歯科でのレントゲン撮影によって受ける放射線量は非常に少なく、また撮影時に防護エプロンによって腹部を覆えば、レントゲン撮影による胎児への影響はほとんどないと考えられています。しかしながら最近ではその影響の可能性を示唆する報告もありますので、診断及び治療に不可欠と判断されたときに最小限の撮影を行うようになります。

3)薬剤について

通常の歯科治療で使用する局所的な麻酔は問題ないと言われていますが、抗菌薬や鎮痛薬については注意が必要です。抗菌薬の中には胎児に悪影響を及ぼす薬があり、薬剤アレルギーがなければ、ペニシリン系やセフェム系などの抗菌薬が比較的安全とされています。鎮痛薬については母体と胎児への影響を考えると、できるだけ飲まない方がよいと思われます。いずれの薬剤も妊娠中の投与に関する安全性は確立されていませんので、治療上の有益性が危険性を上回ると判断した時に、最小限の量を投与することになります。

以上が注意すべきポイントですが、もし妊娠以外に心臓病、糖尿病や妊娠中毒症などを合併している場合は、より慎重な対応が必要となります。その時は歯科だけでなく産婦人科の先生とも相談された方がよいでしょう。

もちろん妊娠される前に歯科的な問題を解決されておくことが必要ですが、歯科治療が行われる場合は胎児と母体の保護が何よりも優先されます。

巷にはたくさん歯磨き剤があふれていますがどんなものがよいのか教えてください。

むし歯でも歯周病でも予防にはプラークコントロールがとても重要です。それを日常、自分の家でやっていただくのに必要なツールが歯ブラシです。それに歯と歯の間の清掃用具(歯間ブラシ、デンタルフロスなど)を使えばさらに効果的です。むし歯を起こす細菌の除去には、歯ブラシと歯間清掃用具を用いたプラークコントロールで十分です。

では歯磨き剤はどういう効果があるのでしょうか? もちろんさっぱりさせる意味もありますし、歯のくすみを取ることもあります。でも、もっと大切なことはフッ素を歯の表面にとりこませて、歯を再石灰化させ、丈夫にすることです。ですから、必ずフッ素が入っているものを選んでください。まだまだ日本にはフッ素が入ってないものも見受けられますから、歯磨き剤の成分表をよく見て、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズとか、場合によってはモノフルオロ~なんて表示してあるものもあります。

最初に歯磨き剤をつけないでプラークコントロールを充分にやり、清掃ができたところで歯磨き剤をつける方法がよいですね。ちなみに私達は、1日1回、10分はブラッシングしてくださいと患者さんにお願いしています。

(歯科衛生士 深川優子)
削らなくても歯を白くすることはできると聞いたのですが?

「明眸皓歯」と言われているくらい、昔から白い歯に対する憧れは誰にもあります。でもそれが、自分の歯を削ることとの引き換えであっては、皆さん躊躇してしまうのが当たり前です。ご質問もそのような方からのものでしょう。しかし、最近では少し期待できる方法が開発されました。ホワイトニング、あるいはブリーチングと呼ばれる方法で、薬剤を使って黄ばんだ歯の表面を白くする方法です。もちろん、歯の変色の程度、置かれた状況によっては残念ながらこの方法では無理なこともあります。そこで、以下に程度による処置法の違いをご説明しましょう。

1.汚れ、お茶、コーヒーなどで表面が着色している

この場合には、歯科医師、歯科衛生士によるクリーニングで十分きれいになります。このクリーニングは歯周病の予防にもなりますので1年に2回程度は受けるとよいでしょう。

2.歯の汚れや着色が歯の内部にまで及んでいる

ホワイトニング(あるいはブリーチング)が最適です。ホワイトニングにはいくつかの方法があり、歯髄(皆さんが神経と呼んでいるところ)があるかないかでも処置方法が変わります。また、歯科医院で歯の表面にジェル状の薬を塗って、その上から強い光やレーザーを当てて行なう方法(オフィス・ブリーチングといいます)と、歯科医院でつくってもらったトレーとジェル状の薬剤とを使って自宅で行うものもあります(ホーム・ブリーチングといいます)。

程度によってブリーチングを行う時間、期間は異なります。ホワイトニングは被せた歯やむし歯がある歯にはできません。また、白くなっても、その後のケアをちゃんとしませんと、すぐに後戻り(元と同じ状態になってしまう)することもよく知られています。さらにホワイトニングした後、冷たい水にしみやすくなることもあります。

3.テトラサイクリンによる変色歯

子供の頃、お医者さんで処方された抗生物質が原因で歯が黒くなっている方がいらっしゃいます。とてもお気の毒だと思いますが、この場合には歯を削って被せることで歯を白くする以外ありません。でも、最近では表面(エナメル質の部分)だけを削って、そこに歯と同じ色のものを貼り付ける方法が知られています。ラミネートベニア法といわれるものですが、今のところはこれが最もよい方法と考えられます。

このように、程度によって行う処置が異なりますので、歯科医師とよく相談のうえ、ご自分にあった方法を選択してください。

肩こりとかみ合わせは関係があるのでしょうか?

あるような、ないような話です。肩こりの原因がすべてかみ合わせによるのではないことはもちろんですし、かみ合わせの不具合が間接的に肩こりをもたらしていることがあるからです。 

かみ合わせの不具合で一番多いのが、むし歯や歯周病の治療で行った詰め物や被せ物、あるいは義歯が原因となることです。誤解しないように申し上げますが、歯科医院での治療が悪くてそうなったというのではなく、むしろそこまで放置しておいたあなた自身が最も悪いのです。しかし、結果的には歯科治療で正常なかみ合わせがうまく回復できず、顎の関節が自由に動かなくなり、口が開かない、顎の痛み、めまい、耳鳴り、肩こりなどの症状が現れることがあります。

例えば、奥歯の1本がむし歯になってボロボロになったと思ってください。多くの場合、何もしないと隣の歯が寄ってきたり、かみ合わせている歯が伸びてきたりします。

そうすると、今まで上下の歯がそれなりに調和してうまくかみ合わせていたのに、あちこちの歯が動いてしまうと、それがおぼつかなくなります。こうなると、下の顎を動かしている筋肉に異常を起こし、それはさらには顎の関節にまで影響が出てきます。

顎の関節が自由にならなければ口が開かなくなることもありますし、無理に動かすことによってさらに筋肉に炎症を起こし、その部分は触ると痛みを生じます。ここまで来てしまえば、後は先程述べためまい、肩こりなどの不定愁訴の類は出ても当然です。1本の歯でさえ、こうなるのですからたくさんの歯が悪くなり、その歯に詰め物や、被せ物をしたり、抜いて義歯を製作した場合などは問題が起こる危険性は高くなります。もちろん、現代人は軟らかいものばかり食べるので、顎が小さくなって歯がうまく並びきれないために、むし歯がなくても歯並び、すなわちかみ合わせが悪い人がいます。こういう人は顎関節症にもなりやすいですし、ひいては肩こりにもなりやすいといえるかもしれません。矯正歯科は何も歯並びをよくして美しくなろうというだけでなく、かみ合わせをよくして、一連の病気を防ぐ意味があります。

かみ合わせが悪いと肩こりになる。これって、風が吹くと桶屋が儲かるような話ですね。

口内炎ができやすいのは体質ですか?

確かにある種の病気(ベーチェット病など)では、口内炎ができやすいとされていますが、必ずしも口内炎ができやすいのは体質のせいとは言えないでしょう。口腔内の粘膜(舌、歯ぐき、唇や頬の内側など)に起きた炎症性疾患の総称を口内炎といいますが、口内炎ができると、食事をするのもつらい場合がありますね。口内炎の一例が、下の写真です。

写真のように唇の内側などにできた 「アフタ性口内炎」が最も多いようです。

他にも、カタル性、壊死性、潰瘍性、壊疽性などの口内炎がありますが、実はどれもはっきりとした原因は分かっていないのです。一応、細菌感染、免疫異常、栄養障害、胃腸障害、ストレス、寝不足などが原因として考えられており、口内炎の治療には対症療法としてステロイド軟膏が処方されるのが一般的ですが、結局は時間とともに唾液の力をかりて治っていくという状況です。 やはり口内炎にならないための予防が大切ですね。

以下に口内炎を予防するための注意点を示しましょう。 

1.お口の中を傷つけないように気を付ける。

歯ブラシは硬めの物を避け、お口のサイズに合った大きさのものを選びましょう。

また強くブラッシングしすぎないようにしましょう。もちろん、大きな穴の開いた虫歯の放置はいけません、早めに処置しましょう。

2.口の中を清潔に心がける。

日頃から毎食後のブラッシングやうがいを習慣付け、お口の中を清潔にしておきましょう。

3.バランスの良い食事と規則正しい生活

バランスの良い食事、ビタミン(特にビタミンB2)を多く含んだ野菜や果物を摂るように心がけましょう。乾燥したお口には口内炎ができやすいので、水分も十分に摂るようにしましょう。過労を避け、寝不足にならないように睡眠は十分にとりましょう。こう読んでくると、口内炎ができにくいようにするには、な~んだ「健康的な生活」をすれば良いのかということが分かります。

もしお口の中に 口内炎ができたら、体がSOSを発信しているのだと考えて、現在の自分の生活をもう一度見直してみましょう。結局、お口や歯の健康を守る行動、それ自体が健康な体を作るための習慣と言えるでしょう。口内炎ができやすいのは体質ですか? 小学校に入学する頃になると第一大臼歯(六歳臼歯)およびに中切歯(永久歯の一番前の歯)が生えてきます。第一大臼歯は第二乳臼歯の後ろに新しく追加される歯であることや、萌出時点では歯列の最も奥に位置することからあまり目にはつきませんし、歯並びが乱れるということもないので、保護者の方は見過ごすことはあっても歯並びについて気にされることは滅多にありません。

最近、TVのCMや雑誌等で、ステインを除去して歯を白くする歯磨剤があると聞きました。 歯磨剤で歯を白くすることはできるのでしょうか?また、ステインとは、どのようなものでしょうか?

最近は美白ブームの到来で、肌の白さ を追求することに各誌賑わっていますが、同時に歯も美白効果を期待した歯磨剤やガム等の販売が勢力を上げていると聞きます。そこで、ここでは、歯を白くする歯磨剤に関して説明します。

歯を削ることなく白くする方法は、以下の2つに大別されます。

1.歯の色調を変化させる方法

薬剤を用いたブリーチング(漂白)とその上から特殊なレーザー光を当てる方法があり、いずれも歯科医院で行われます。歯の表面についた微細な汚れを溶かし出すとともに、歯そのものに対していわゆる“漂白”を行います。いうならば歯質そのものの色を変化させるテクニックです。

2.歯の色調を取り戻す方法

歯に付着している外来性のステイン(後述)を除去し、歯の生来の白さを取り戻す方法 があります。ステインは、歯科医院にて専門的な器具を使用して除去する方法と市販の歯磨剤で除去する方法があります。

では、ステインとはどのようなものでしょうか? ステインとは外来性の色素沈着のことで、飲食や喫煙由来の色素のことをいいます。紅茶やコーヒー、ワイン、タバコのヤニ等の嗜好品が原因となります。

では、なぜステインが歯の表面に付着するのかというと、エナメル質が唾液に接触すると、唾液に含まれる糖タンパクがエナメル質に吸着し、ペリクルという薄い膜を形成 します。このペリクルに嗜好品の色素やタバコのヤニ(主にタール)が沈着していくことで着色し、外来性のステインとなります。

下に、ステイン除去効果を謳っている市販の歯磨剤をご紹介します。

これらの商品は、歯磨きをしても歯質を損ねない研磨剤(無水ケイ酸:シリカ)が配合されていて、それがステインを除去するといわれています。

ちなみに、歯磨剤で歯を白くするということは、「歯の生来の白さを取り戻す」という意味で、「歯を生来の白さよりもさらに白くする」ということではありません。誤解のないようにお願いいたします。

どうしたらあなたの
歯を守れるか

薬を安心して
飲んで頂くために

歯石を取るとむし歯に
なりやすい!?
(KDC HPに移ります)

第10回
舌も清掃して息さわやか